爪先を彩るお仕事|ネイリスト求人から応募しよう

営業で求められる能力

男の人

営業として必要なもの

出版業界と言っても色々な職種が存在します。一番イメージしやすいのは、編集やライター業務かもしれません。ただ、出版社も一つの会社なのでそれ以外にも様々な職種があります。一般企業にあるような、経理や法務、人事といったものや、出版社によっては営業職もあります。出版社の営業というと書店さんへの営業をイメージする場合もありますが、今回は広告営業で求められるものを見ていこうと思います。出版社における広告営業は主に雑誌への広告掲載を依頼する仕事になります。そのためその雑誌に関連するような企業や広告代理店を相手にすることなります。営業するにあたり求められるものは、企業の製品理解、コミュニケーション力、提案力、そして出版関連に関する知識です。最後の知識は、働いていく中で身についていくものですが、もし就職前にということであれば、DTP関連の知識を入れておくとよいでしょう。また、最初の製品知識も、担当する業界によって異なりますが、その業界の情報がどこで手に入るのかを認識し実際に情報にアクセスし、理解する力が必要となります。雑誌も様々な分野があるため、普段から自分のあまり触れる機会のない業界の情報も新聞等で入手し、具体的に調べてみるという訓練をするとよいと思います。広告営業において大事になるのが、コミュニケーション力と提案力です。広告は不景気時になるとまず最初にコストカットの対象となる領域です。そのため相手企業がどのような状況にあるのか、どんな内容を提案すれば可能性があるのかを探り、提案していくことが重要になります。人とコミュニケーションをし、相手のことを考えながら提案をしていくのが好きな方にとっては、楽しく働ける仕事だと思います。