爪先を彩るお仕事|ネイリスト求人から応募しよう

設計や工事監理の仕事

建設

転職には経験が重要

一級建築士になるには実務を経験した上で国家試験に合格し、国土交通大臣や都道府県知事から免許を受ける必要があります。すべての建築物を設計できる高度な資格ですが、最近では若くして取得する人も多くなってきました。そのため求人では一級建築士の資格だけでなく、職歴や実績が問われることもあります。設計事務所などの求人では、基礎的な設計能力は当然として、パソコンのスキルも必要になります。特にCADは一級建築士の試験科目にはありませんが、実務には必要不可欠な技術と言えます。表計算や文書管理などのスキルも、持っていれば就職や転職に役立つでしょう。一級建築士の資格があれば、建設工事現場の監理技術者や主任技術者になることができます。建築士というと設計が主な仕事と思われがちですが、ゼネコンや工務店の求人では監理技術者を募集している場合があります。この際には監理技術者講習を受ける必要があり、現場での経験も求められます。図面を描くだけの仕事ではなく、担当者とのコミュニケーション能力が重要になります。ほかに講習を修了して従事できる仕事には、防火管理者や建築物衛生管理技術者などがあり、公務員をはじめ多様な形態の求人があります。ただし同じ一級建築士でも、全く畑違いの分野へ転職するのは難しい面があります。中途採用を目指す場合は、設計なら専門の建築事務所で、監理なら工務店などで長い経験を積んでいるほうが有利になります。